永代供養・ご法事

當山では、年回法事を勤めていますが、最近では少子高齢化が進み、近い将来、お墓の管理やご供養に対し、ご不安を抱く方が増えているようです。お子様が居られない方や、娘様が嫁がれて後継者が居られない方など、種々ご相談を受けることが多くなりました。

當山に於きましても開創四百周年を契機に、住職の願いで永代供養塔を建立いたしました。檀信徒のみならず、納骨や永代供養ご希望者とよくお話をし、ご供養の在り方や残された人生について共々に考えています。当然それぞれご家庭によって、ご事情が異なりますが、どうぞお気軽にお声掛け頂き、ご先祖様や墓地が粗末になりませんよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

永代供養

當山の永代供養塔は、お釈迦様が鎮座される供養塔で、正面の文字「南無釋迦牟尼佛」は元曹洞宗管長、板橋興宗禅師猊下にご揮毫頂いております。
永代供養のお勤めは、出来るだけ施主様のご希望に沿えるよう、努力しております。
お寺と施主様で誓約書を交わし、代替わりしてもお約束が履行されるようにしております。
共通のお約束としては以下の通りです。


  • 一、供養塔の石札に、お戒名または○○家先祖代々という文字を刻む。
  • 一、毎年年始に、供養塔前にて住職が読経供養を行う。
  • 一、年回法事が当たる年には、お塔婆を立て年回法要を勤める。(三百回忌まで)

納骨料の目安

一霊につき 金105,000円より(石札彫刻費用込)

※近年は遺言等により、分骨される方も居られます。
この地で育ち嫁がれた方や、景色・風土がお気に召された方など、様々です。
また、永代塔に埋葬されても、ご家族やご親戚の方が追善供養いただく場合もございます。
お気軽にご相談下さい。

年回法事

當山の年回法事は、三百回忌までお勤めいたします。

平成30年戌年 法事年回早見表

1周忌 平成29年逝去
3回忌 平成28年逝去
7回忌 平成24年逝去
13回忌 平成18年逝去
17回忌 平成14年逝去
25回忌 平成6年逝去
33回忌 昭和61年逝去
50回忌 昭和44年逝去
66回忌 昭和28年逝去
100回忌 大正8年逝去
150回忌 明治2年逝去
200回忌 文政2年逝去
250回忌 明和6年逝去
300回忌 享保4年逝去

地元の方の場合

お寺へお越し頂き、本尊様へ礼拝後、予定時間に墓前で読経→各自本堂内でお参り→ご自宅へ移動後、
お仏壇前で読経→住職法話→お斎(お食事)となります。

ご遠方の方の場合

本堂へお集まり頂き、本堂内にて読経→住職法話→墓前にて読経→移動後お斎(お食事)
となりますが、お食事の有無やお時間を前もってお問い合せ願います。

上げ法事の場合

「上げ法事」とは、宗派や各寺で習慣や意味合いが違うでしょうが、當山では、
お寺へお越し頂き、本尊様へ礼拝後、予定時間に墓前で読経→各自本堂内でお参り→
→方丈の間にて接茶→お斎(お食事)もしくは散会となります。

共通して事前にご準備頂く物は、法事棚にお供えする果物とお菓子、お霊膳料、御布施などです。(ご遠方の方はお位牌をご持参下さい)
お墓にご持参いただく物は、ろうそく、お線香、お米(投げ撒き用)などです。

お布施の目安

法事布施 位階(お戒名)によって異なりますので、ご不明な方は當山までご相談願います。
お霊膳料 金3,000円程度
お塔婆代 金 500円より(3尺塔婆)

※ご遠方の方でも、ご自宅のお仏壇でのご法事をご希望される場合、住職が都合をつけ、東京や大阪方面でもお勤めにお伺い致します。その場合、上記に加え交通費のご負担をお願い致しております。

ご供養・ご法事に関するご質問

Q1 白木のお位牌から塗り位牌に替えたいのですが、時期を教えて下さい。
A 當山では昔から「新盆まで白木のお位牌」という習慣がございます。ご先祖様が仏様として初めて迎えるお盆です。ご自宅へお帰りの際、間違わないように、ご葬儀の時に皆様が赤誠込めて拝まれたお位牌をお祀り致します。従って、お盆を過ぎてから塗り位牌にして頂けると幸いです。その際には當山までご一報下さい。
Q2 両親の一周忌と三回忌が重なるのですが、一緒に勤めて頂くことは可能でしょうか?
A お寺によって違いがあるようですが、當山ではご一緒にお勤めする事が多くございます。しかし、ご法事でも色々な種類や条件が異なりますので、単純に全部可能という事も難しいかもしれません。詳しくは當山住職とよくお話下さい。
Q3 お線香を立てる時、一本なのか二本なのか、決まりがあるのでしょうか?
A 基本的には各自がまごころ込めてお勤め下されば良いと思いますが、曹洞宗では毎年発行している宝暦の中に、「曹洞宗の場合、お線香は一本、お焼香は二回が一般的」と書かれております。どうぞご参考にして下さい。
Q4 もし檀家になろうとした場合、何が必要ですか?
A 當山では、「入檀料」や「入信料」などは不要です。
もし寺檀のお付き合いを頂くのであれば、當山墓地をお求めになられるか、分家など新家の場合、ご葬儀の際に當山へご依頼いただく事になります。その後は、毎年総代会で決められた護持会費をご納入頂くことになります。
Q5 50回忌くらいまでは大体分かるのですが、100回忌や200回忌の知らない先祖のお勤めは必要なのでしょうか?
A お寺によって年回法事の習慣も違いますが、曹洞宗では50年毎に追善法要を行う決まりがございます。お偉い様だからお勤めするのではなく、私たちは皆平等です。「なぜ勤めないといけないのか・・」ではなく、「こうしてお勤めさせて頂ける・・」というお気持ちを大事にして頂きたく存じます。仏縁とは勝縁であり、忌という文字は忌まわしいのでなく、己の心を見つめる好時節だと教わったことがございます。ご先祖様をお偲びし、ご供養願います。